トップページツーリングレポート>2006北海道ツーリングトップ
2006北海道ツーリング  2006/07/26〜2006/08/01  539.4km  北海道
美瑛の丘
【コース】
全行程 <539.4km>
1日目 旭川空港〜美瑛〜上富良野 <54.88km>
2日目 美瑛〜旭川〜士別 <104.66km>
3日目 士別〜朱鞠内湖〜美深峠〜美深 <93.34km>
4日目 美深〜音威子府〜中川〜幌延 <102.37km>
5日目 幌延〜サロベツ原野〜稚内 <89.79km>
6日目 稚内〜宗谷岬〜ノシャップ岬 <81.27km>
7日目 稚内市街〜稚内空港 総括 <13.09km>
【走行時間】29時間51分
【平均時速】18km/h 【最高時速】49.8km/h

はじめに

 北海道ツーリングの1回目は2004年8月でした。
この時はMTBに乗り慣れていなかったため(MTBというより、そもそもスポーツ自転車というものに乗ったのが初めてでした。)と、北海道を自転車で走るという 感覚(10km以上コンビニも自販機もない道があったりとか・・・)をつかめていなかったために、コース設定と日程設定が実力に合っていなく、満足に走れませんでした。 (自走距離は200km程度でコースの大半は電車輪行でした。)

 北海道の大自然の中を自転車で走ることは、(虫や熊など)怖いと思うこともありましたが、終わってみればとても魅力的なものでした。 自走距離が少なかったことへのリベンジも含めて、是非もう一度走って見たいと思っていました。

 そして2006年7月、そのチャンスが来ました。直前まで仕事の都合で日程が定まらず、出発間際にバタバタと用意をするのは前回と同じです。
仕事のせいにしましたが、どうも前もって計画を立てるってのが苦手です。。
 ただ今回は、航空券の手配をインターネットで済ませたので、その点はとても楽でした。出発前にANAのページで予約後クレジットカード決済を選択し、搭乗日にクレジットカードを自動チェックイン機に挿入して、航空券を受け取る仕組みです。

 出発前夜、仕事を終えてから、フロントバッグ・サイクルウェア・ウェストバッグ・予備チューブを買いに行き、家へ帰るとタイヤ交換(700×35Cシクロタイプから700×28Cロードタイプへ)、フロントバッグ取り付け、輪行袋へパッキングなど準備に追われ、結局寝たのは深夜3時でした。翌朝は5時過ぎの電車に乗る予定なのに大丈夫なのでしょうか。


装備

 装備におけるコンセプトは「軽量化」です。必要以上の物を持って行かないということと、 同じ機能があるものなら極力軽い物を持って行くことです。

装備

ウェア
 ウェアは洗濯を前提に上下2セットでやりくりします。速乾性に優れる素材を選んでいるので、 洗濯機で脱水まですれば、寝ている間干しておけば乾きます。

 雨具などの雨対策は全くしていませんので、 雨が降った場合は走らないことにします。

 テントなど野外宿泊の道具は持って行きません。宿は現地で決めていきます。

 ドリンクは500mlペットボトルを2本以上持つようにし、ボトルケージに1本セットし、残りはデイパックに入れておきます。